たまには「KY」でも大丈夫!

40-book-ky
その場の空気を読めない人のことを「KY」(空気読めない)と呼ぶことは、結構定着していますよね。
婚活の際、出会いから交際に進んでいく段階で、KYにならないよう、注意しすぎてしまうことが逆効果になることが多く見受けられるそうです。

男性の場合、相手のことを気にしすぎて、当たり障りのない会話ばかり進めてしまうことがあり、告白やプロポーズを期待する女性からは、脈がないと思われてしまいます。
女性の場合、交際中の男性「こんなことを聞くと失礼かも・・・」
と一人で抱え込んで、結局疲れてしまうなんてこともあります。

でも、結婚はそんなオブラートに包んだような生活では成り立ちません。
婚活とは結婚を前提として出会ったのですからお金のこと、親のことなど、聞きたいことははっきり聞いておくべきでもあるのです。

聞いてみると、「そんなことで悩んでいたの?」なんてことが多いよう。

まっすぐに向き合っていけない人と結婚しても、後悔するだけで上手くはいきません。
「この人がダメでも、また新しい人を探せば良いや!」
なんて考えでは常に大切なことを聞き逃してしまいます。

KYと思われたくないという気持ちより、的確な相手を少ないチャンスの中から射止めたい!という人の方が、結婚への道のりがぐんと近くなります。
たまには周囲の空気ばかり読むのを止めてKYになってみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ